ToodledoTips

Context(コンテキスト)でGTD®を実践しよう

Context(コンテキスト)は、
GTD®(Getting Things Done®)に興味のある方ならよくご存じの概念・考え方です。

よく使われる、

  • 仕事
  • 家庭
  • 買い物
といったコンテクストを例で考えてみます。

例えば、タスクをそれぞれにコンテクストに振り分けた後、「仕事」でおこなうタスクは常に仕事のコンテクストのみを参照すれば良く、「家庭」のコンテクストをチェックしなくても良い訳です。

「家、買い物」のコンテクストも同様です。

Context(コンテキスト)は、GTD®を突き詰めていくと、タスクを分類する際や実行していく際に重要な意味を持っていることがおわかりになるでしょう。

上記の例では“場所”に紐づいたコンテクストですが、これ以外にも色んな分類が考えられると思いますので、あなたのタスク管理に合わせた context(コンテキスト)を追加して設定してみましょう。

日本語訳 by ToodledoTips.jp  
[Toodledo.com で英語版ヘルプを表示する]
Toodledo is a registered trademark of Toodledo.com.This website is not affiliated or endorsed by Toodledo.com

PCサイト表示に切り替える

スマートフォンサイト表示に切り替える